2012.05.14 Monday...... スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -


end line

2010.01.25 Monday...... 今頃トウガラシエキスの考察

連日お天気続きですね(・∀・)♪
確定申告の準備がちっとも進んでないinkaです。どうも。

私の場合は「還付申請」なので、
いわゆる確定申告期間よりも早く申告できるんです。
フリーランス業にとってはこの「還付金」こそが
念に一度のボーナスのようなものなので
さっさと申告して還付金を受け取りたいんですが
どうにも手が進みません。
ベランダ仕事は思い立ったらどんどんやるのにね(;´∀`)
なんとか自分を奮い立たせて頑張らなきゃ!




さてさて、今日はベランダの様子も特に変わりないので
初夏からのハダニー祭り対策を
こんな時期から考えちゃおうと思うよ!


いくらなんでも早すぎる!超季節はずれ!!(笑)
まぁ、自分のメモ的用途で記しておきたいだけですがー。
写真もほとんどない記事ですが、ご勘弁くださいっ。






昨年は、バラを始めた一昨年と同じく
ハダニ対策を特にしっかり考えてないまま初夏を迎えて
案の定盛大なハダニー祭りが開催されてしまいました。
大きなバラさんは大丈夫なのに、
ミニバラさんたちは見事に葉っぱがボロボロ…。

あまりの大繁殖に辟易し、薬剤使用も考えました。
でも、ハダニは耐性がつきやすいとかで
劇的に効く薬剤はないとのこと。
薬剤なのに効果がイマイチなんて私はいやです。

だったら何か天然忌避・殺虫剤で…ということで
いろいろネットで調べて、
「トウガラシエキス」がハダニに効く!という記事を
あちこちで発見しました。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これだわ!



レシピはいろいろ載ってましたが、
私はウォッカで作ってみることにしました。
我が家は私用にウォッカ常備してるんでね。



 用意するモノ
 ・容器
 ・酒(焼酎、もしくはウォッカなど蒸留酒)
 ・唐辛子

作り方
 容器に唐辛子を適量入れて、酒を注ぐ。
 1〜2ヶ月熟成させたら完成!


とにかく簡単です。
使うときは漉すか、上澄みを使うようにしました。





さて、その効果のほどですが…

よく効きます!!(∩´∀`)∩ワーイ

もうコレは鉄板として使っていきたい!ってほどです。
ただし、いくつか気になることもありました。
ポイントとして記しておこうと思います。






ヾ釈倍率

使っている人によってみんな違うんです。希釈倍率。
私が見ていたサイトには100倍と書いてあったので
そのまま鵜呑みにして昨年は100倍で葉裏散布しました。

確かにハダニは減りましたが、
夏場だったこともあり、葉焼けがいくつか見られました。
(早朝、もしくは夕方散布していたにもかかわらず)
お見せできる写真がないのが残念ですが、
葉の縁がチリチリに焼けたみたいな感じ。

葉が焼けた理由を模索した結果、
希釈倍率が高いことでアルコール薬害が出たという結論に。
唐辛子の濃度はこの場合は関係ないらしい。

そういうことか(;´Д`)
参考サイトはウォッカではなく、焼酎使用だったんです。
通常ウォッカは40°。
それに対して焼酎は20〜35°ぐらいが主流。

散布時のアルコール濃度が高いのは良くない
みたいです。

その後希釈倍率を上げていき、
私のトウガラシウォッカは300倍以上なら大丈夫ってことが判明。
その後は、500倍で使用するのが定番になりました。
効果も薄れてはいません。


ウォッカで作る場合は、焼酎のものよりも
希釈倍率を高くしなくちゃいけないんですね! m9( ゚д゚)ビシッ


つーか、初めて使う生薬液なんだから
本来は薄め散布から始めるべきなんですよね(;´∀`)
お馬鹿さんだわ、私。




∋箸ε眇瓢劼侶曽、酒の種類

私は輪切りの唐辛子を使いました。いつも料理で使うので。
でも、種が入っている方が効果が高いんですって。
カプサイシン量の問題ですかね?
なので、オススメはカットされてない鷹の爪を使うこと。
漬けるときに輪切りにしてあげて、
種も一緒にいれるのがいいみたいです(・∀・)♪

また、上記,陵由から
使うお酒は25°ぐらいの焼酎がいいみたい。
臭いやもったいなさ度(笑)を考えると、
甲類の安い焼酎あたりが無難なんじゃないかと思います。
度数が低めのホワイトリカーなんかいいですね。

お酒が苦手な人は、木酢液で作る人もいます。
お湯で唐辛子を煮出して作る人もいます。
どちらも効果はあるようですが、
お酒を使うことで、唐辛子の成分がよりしみ出しやすいようなので
できればお酒で作った方がいいでしょう!




散布回数

私は葉焼けが出てしまったので、
葉の状態を見ながら使用回数を制限していました。
そのせいで、初回の使用でハダニを劇的に撃退できたのに
すぐ次の繁殖を迎えてしまう羽目に…(つд⊂)エーン

糸が出るほど大量発生した場合は、
3〜5日間、連続使用した方がいいみたいです。


これでまずハダニを激減させておいて、
その後回数を減らしていき、
夏場は1週間〜1週間半に1回の散布で
その後の発生はほとんど抑えられるそうです♪

私の来年度栽培計画では約1週間半に1回の予定ですが、
2週間に1回でも良さそう。
最初の大繁殖を発生させなければいいので、
1番花の花後からは入念に葉裏チェックをして
散布開始時期を見計らおうと思います!!
(ちなみに去年は5月末からもう発生していた… _| ̄|○ )

日当たりのいいところだと5月下旬でも葉焼けの可能性がありますので
散布は夕方がオススメです!
夏場は午前中でも葉焼けしましたよ、うちは…(;´Д`)




い修梁勝注意事項

いくら希釈倍率が高いとはいえ、
希釈液にもホントに驚くほどの刺激があります。
少し吸い込んだだけで激しくむせるし、
目に入ったら超痛いですよ! 悶絶しますよ! ←経験者(笑)

散布する際は風上から!
マスク着用がベスト!
できればメガネもしたほうがいいよ!!


また、希釈液は毎回使い切りましょうね。
夏場に活躍するこの液、
薄めることで傷みやすくなります。すぐ腐ります。
鼻が曲がるほどの臭いを発するようになりますので
希釈液は保存しないように!
もちろん原液は長期保存可ですよー。







今から作っておけば、十分熟成させられた状態で
大活躍の時期を迎えられます。
まだ試したことない方、いかがですか?
バラのみならず、ハダニが出る植物全般に使えますよー。

私は来年度こそはもっと上手に使って
あの憎いハダニ野郎共に圧勝してやりたいと思いますっ (`・ω・´)ゞ





ランキングに参加しています
↓お花画像クリックで応援してくださ〜いっ!
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


JUGEMテーマ:バラと暮らす



end line

2012.05.14 Monday...... スポンサーサイト



end line


end line


comment

古い記事にコメントしてすいません。
トウガラシエキス、参考にさせていただきました。昨年からベランダ農園に夢中でマンゴー育てています。
早速、焼酎で仕込みました。
ありがとうございました。

トウガラシ焼酎に関して、詳しい考察と実験結果を書いていただいてありがたいです。とても参考になります!
  • とおりすがり
  • 2013/09/21 11:38 AM

>メアリーさま
どうでもいいうんちくまで書いちゃいました(笑)
鷹の爪、もちろん生じゃなくていいんですよ!
つか、生だったら高くないですか?(;´∀`)
適当に切って、種ごと入れてあげてください♪
お茶パックみたいなのに入れて漬け込んでも大丈夫。
漉す手間が省けていいですよー。

ブログリンク、どうぞどうぞ!!
私も近いうちにリンク整理するので、
その時にこちらからもリンクさせていただきます♪
  • inka
  • 2010/01/26 10:02 PM

詳しい説明ありがとうございます〜!
いてもたってもいられなくて、とりあえず鷹の爪だけは
ゲットしてきました♪

輪切りのやつも売ってたけど
「チチ! 種がはいってなきゃダメなんよ!」
とか一人でブツブツいいながら、
まるごとのやつ買ってきたので、
これを2つか3つに割って使えばいいんだよね。

季節的に、生のやつは売ってませんでした。

今度、ブログアップするときに
inka様のブログリンクしてもいいでしょうか?
(前もそう言って、まだミニバラの植替え記事にできてないけども。。。。)
  • メアリー
  • 2010/01/26 7:16 PM

>マカロンさま
あれ、メアリーさまより先にコメ返ししたのに
反映されてない…(;´Д`)ごめんなさい!
では改めて!

マカロンさまは煮出し派なんですねー。
私は使用の度に作るのがめんどくさくて(笑)
長期保存の観点からアルコールです。
アザミウマって見たことないんですが
せっかくのお花をダメにしちゃったりする
別名スリップスってやつですよね?
知らず知らずに忌避できてたってことかなぁ。
ハダニ以外にもスリップスに効くってことは、
さらに他の害虫にも効きそうですね!
夏は葉水効果も出るから過度な乾燥も防げるし、
こりゃもう一石二鳥どころじゃないですね(・∀・)♪
  • inka
  • 2010/01/26 3:21 PM

>メアリーさま
追記!
ウォッカより甲類焼酎の方が値段も格段に安いです!!
もともとお酒を飲まれないのであれば、
お金をかけるのももったいないので
やっぱり甲類焼酎がオススメだと思いまーす(´∀`)
  • inka
  • 2010/01/26 3:04 PM

>メアリーさま
ほんとですか〜(∩´∀`)∩ワーイ
ほぼ自分的なメモなんですが、
去年私も検索しまくったクチなので
誰かの力になれればなーという思いもありますので…
読みやすいなんて最高の褒め言葉です!
ありがとうございます!
(誤字、指摘もらえなかったら読めなかったです(笑)

では、少し蛇足ですがお酒レクチャーをば。

焼酎は大きく分けて2つあって、
甲類っていうのは糖蜜なんかが原料の
比較的癖のないものです。
蒸留したアルコール成分を水で薄めて作るので
アルコール度数も低め(25°ぐらいが多い)。
チューハイや果実酒の原料に使ったりします。
対して、乙類っていうのは、
いわゆる芋・麦・米・黒糖焼酎なんかの
原料を限定している焼酎。
こちらは原料によって独特の風味があって、
さらに甲類よりアルコール度数が高いのが多いです。
必ずラベルに書いてありますので、
品種に詳しくなくてもすぐわかります。

ウォッカは穀物原料の蒸留酒で、
蒸留後に白樺の炭で濾過したもの。
癖がないので、カクテルのベースによく使われます。
お酒臭いっていうよりはエチルアルコール臭ですね。
アルコールランプとか、消毒液の臭い系。

実は私は焼酎苦手なんですが(臭いで悪酔いしがち)、
それってほとんどが乙類なんですよ。
甲類だったらいわゆる焼酎臭さは少ないので
希釈すればそれほど臭いは感じないと思いますよ♪
(果実酒用のホワイトリカーはホントに臭いが少ないです)
それでもどーしても酒臭いのがイヤ!ってことであれば、
ウォッカの方が希釈倍率高めに使うことになるので
さらに酒臭さは緩和されるかも。
お友達の家なんかにもしあったら、
嗅がせてもらって比べてもいいかもしれないですね(・∀・)

ちなみに、ウォッカを使う場合は
くり返しますが希釈倍率高めになりますので、
そのぶん唐辛子を多めに入れるといいと思います。
私は容器に1/4ぐらい入れましたが、
3/1ぐらいでもいいかも。


…と、こんな感じでわかりやすいですか?
酒好きが高じてバーテンダーをしていたこともあった
inkaの余計なレクチャー付き解説でした〜(笑)
  • inka
  • 2010/01/26 3:00 PM

敏捷→ 文章

ナンツー難しい誤字なのかしら。。。失礼しました。
  • メアリー
  • 2010/01/26 1:26 PM

Inka様の記事、いつも理路整然としてて とってもお勉強になります!
読みやすい敏捷だから、写真なんてなくてもスイスイ読めて
頭に入ってきますわ! (メアリーの頭が悪くてすぐ忘れるんだけっども)

お酒を飲まないのでよくわからないのですが、
甲とか乙とかあるんですね。
できれば、臭くないのがいいんですが 
それだとウォッカになるのかしら?
(焼酎は臭いイメージが。。臭いのは酔っ払いの息だけかしら?!)

さっそくアルコールにつけておこうと思うので
お酒に詳しそうなinka様、ぜひとも
お酒のことについて教えてくださいませ♪

  • メアリー
  • 2010/01/26 9:26 AM

私は煮出し派でーす!
アルコールは全く使いませんがそれなりに効きましたよ。
関連記事を名前にリンクしておきました。
ハダニだけでなくアザミウマにもとても良く効きました。
アルコールを入れると日持ちがして良いのでしょうが
私の場合は煮出したら2、3日続けて使う事で
乾燥も防げたのだと思います。

>ROUGEさま
そうそう、レシピいろいろありすぎて悩みますよね!
木酢液に唐辛子とにんにく漬け込んで作る人もいるし…。
私は木酢液がどうも苦手で、
アルコールタイプで調べまくってこうなったんですよ。
ちなみに私のは、唐辛子が容器の1/4ぐらい。
スミノフ使うなんてもったいないことしたわっ(;´∀`)
来年度は使い切りそうなので
今度は焼酎で作ろうと思ってます(・∀・)♪
安くて不味くて悪酔いしやすい、甲類のやつね!(笑)
  • inka
  • 2010/01/25 7:54 PM

>mewmewさま
ようこそいらっしゃいました〜(・∀・)♪
実は私、mewmewさまのブログ拝見してますよっ!
地植えで5年!? 超先輩じゃないですか!
とはいえ、ハダニは先輩方も苦労する相手ですよね。
私の稚拙な知識がお役に立てば幸いです…(;´∀`)
来年度はお互い頑張りましょうね!
むしろ私の方が教わることが多い気がしてなりませんが
今後ともよろしくお願いいたしますっ★
またブログにもおじゃまさせていただきます!
こんどはコメも残させていただきますので〜(´∀`)ノシ
  • inka
  • 2010/01/25 7:49 PM

憎いよね〜!ハダニ!
私も去年散々泣かされたわ〜
唐辛子エキスは試そうと思ってたけど
レシピが人それぞれでどれを試していいか解らなかったの。
私もinkaさんのレシピ参考にさせて貰うわ〜♪
今から仕込むのね!
私は安いから焼酎で作ろうっと(^^;
  • ROUGE
  • 2010/01/25 7:37 PM

はじめまして 「antique with life」のmewmewと申します
ハダニ対策 すっ飛んで来ました。
私の場合地植えで約5年薔薇育てしてるんですが、ハダニ薬剤は耐性がつきます!
昨年は温暖化気候も進んだことあって我が家のある一定の場所はハダニの巣だらけになってしまったんです。ハダニ用の薬剤は扱いが面倒で、耐性もつくし、困っていたんです。
ハダニのおかげで葉がなくなり、その薔薇は秋にも花が見られませんでした(泣)
以前にトウガラシ入りその他洗濯糊などもろもろ作って散布したこともあったのですが。効果がいまいちでした。
アルコールプラスですね! ありがとうございます。
アルコールは私も毎日晩酌しておりますので常備しております。
早速作ってみます。
こちらコピペして保存させていただきますわっ

また寄らせていただきます。薔薇のこと色々教えてくださいね。
どうぞ宜しくお願いします

>ふくママさま
そう、ホントに大変でした(;´Д`)
一昨年はバラ栽培の右も左もわからん状態だったから
もっともっと大変でしたよ〜!
これでも去年からこのトウガラシエキス使いだして
少しマシになったんだけど、まだまだ改善の余地あり。
なんせ希釈倍率と頻度がよくわからず使ってたから…。
来年度はもっと使いこなして撃退してやる〜!!(#゚Д゚)
やっぱり大きいバラさんと違って
ミニバラを上手に育てるには
ハダニ対策がカギかと思う私です。
(うちはベランダだから黒点は無問題なので)
ハダニと比べたらうどん粉なんてカワイイもんだわっ!
大発生したら、ものの2日ぐらいで丸ハゲだもん(;´∀`)

ちなみに、ラブリーモアさんはかなり強健なので
ハダニ被害も少なかったですよ〜。
個人的には小ぶりな花のミニバラさんが弱いと思ってます。
  • inka
  • 2010/01/25 4:58 PM

>かっぱさま
あれ、この液知らなかった?
虫博士だから知ってると思ってたよ(´∀`)
確かに、産卵・孵化周期を考えて散布すれば
さらに効果倍増な感じ。
温度によって変化するらしいけど、
産卵周期はだいたい3〜10日とのこと〜。
  • inka
  • 2010/01/25 4:51 PM

こんにちわ〜♪

去年のハダニの被害、本当に大変だったんだね〜。
私も去年、トウガラシエキスは作ったんだけど、ハダニの被害は
殆ど出なかったから使わずじまい。
アルコール漬けだから長期保存ができるし作っておいて損はないよね。
今年はミニバラちゃんにも挑戦する予定だし、役に立つ時が来るかも。
そうならなきゃいいけど〜。

  • ふくママ
  • 2010/01/25 4:36 PM

これは有り難い情報です

ハバネロに蚊取り線香をブレンドしてみよかな

ハダニの産卵周期を把握すると
尚良さそうですね
  • かっぱ
  • 2010/01/25 4:06 PM

post










trackback-URL

thanks trackback



無料カウンター

profile

name: inka
location: tokyo
mixi id: 151097
都内マンション1Fの極狭ベランダで
バラなどを育てています。
音楽と酒とバラをこよなく愛する
ロックンロール・ガーデナー(笑)
詳しいプロフィールはコチラ。
メールはコチラからどうぞ。
リンクフリーです。
(c)inka/inkarocks 2007〜

click, please

blogram投票ボタン
クリック後のページ内にある
インタレストマッチADをクリック
していただけたりすると、
体がよじれるほど喜びます!

search

記事検索はここからどうぞ〜

archives





ad